メディフュージ

Platelet Rich Plasma (PRP)=「多血小板血漿」は、創傷の治癒を促進するため、近年歯科治療においても注目されてきた。
しかし、その操作は煩雑であり、外部からの血液凝固剤を加えて人工的に凝固させなければならない欠点を持っていた。
今回、本医院で導入したConcentrated Growth Factor(CGF)は、問題の添加剤を加えずに、遠心分離速度をコントロールすることで凝固反応を誘発し、自然なフィブリン網目構造が形成されることでPRPの欠点を克服した。
さらにサイトカインを多く含み、長時間にわたりゲル状態を維持しているため、インプラント治療から歯周組織再生療法まで幅広い術式に対応可能であり、次世代治療の可能性を秘めた素材である。

≫コアフロントのホームページはこちら

CGFの活用方法

CGFの活用方法

主な用途

主な用途

様々な活用方法がありますが、主に、下記の用途に使用します。

  • 骨を増やしたい場所に、埋め込む
  • キズの治りを早くするために、骨充填剤(人工骨)と混ぜる
  • 骨誘導再生法(GBR)を行う際の、骨造成を誘導するためのメンブレンとして使用

自分の血液を使用するので、感染リスクがほとんどなくなることや、自分の骨を移植する自家骨移植と比べると血液採取の針の痛みだけなので、骨移植のような痛みも出ないというメリットがあります。

フィブリンゲル(CGF)の臨床応用としては

インプラントオペ

  • 骨移植材と混合して使用
  • 骨移植材の代わりに使用 (サイナスリフト時)

【フィブリンメンブレン→フィブリンゲルをガーゼで圧縮して膜状にしたもの】

フィブリンメンブレン(CGF)の臨床応用として

①GBR(骨再生誘導療法)
歯槽骨を造成するための膜として使用
【遮断膜→生物膜】

②止血作用がある

③疼痛コントロールができる

④感染防止

⑤軟組織の治癒促進(抜歯窩など)


下顎水平埋伏智歯抜歯にCGFを入れると痛みや腫れもかなり軽減できる
⑥歯周組織の再生

可能な感染リスクの低い、安心の骨再生療法

田中将大投手

※クリックすると拡大します。

2014年8月17日の中日新聞(東京新聞)に、田中将大投手のCGF≒PRP治療の記事が掲載されました。

歯科衛生士募集

岡田歯科では歯科衛生士を募集中です。
詳細は面談にて。

お問い合わせは 0533-86-8241 まで
JIADS
AED設置しています

※AED設置しています

診療カレンダー

休診日
9:00~15:00
午後休診日
診療時間変更日

10月

123456
7
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031